従来のネットフェンスや落雪・落石防止金網としての使用方法にとらわれない、新しい使用方法でも使われています。

広がる使用実績

HOME- 共和鋼業株式会社【菱形金網】   ≫ 広がる使用実績

広がる使用実績

弊社の菱形金網は、従来のネットフェンスや落雪・落石防止金網としての使用方法にとらわれない、新しい使用方法でも使われています。
壁面材、天井材として使用することで新たな提案もしています。

クリックで拡大写真

[ 2021年 ] 鳥除けとして設置 (共和鋼業工場)

共和鋼業工場天井には毎年春になるとツバメがやってきて巣を作ったり、鳩が巣を作ったりしていました。
フンも大量に落ちてきて掃除が大変でした。
鳥が入ってこないように試しにひし形金網を張ってふさいでみたところ、効果は抜群。
鳥の侵入もなくなり、フン害もなくなりました。

クリックで拡大写真

[ 2021年 ] 新風館(京都)

新生「新風館」は、歴史的建造物を活かして再開発されたホテル・店舗・映画館からなる複合施設です。
2020年3月に竣工、同年6月11日に開業されました。
こちらで共和鋼業のひし形金網をサインにご使用いただきました。
これはカール加工ひし形金網を使用しており、フェンスに使用するものと網目などは同じですが、着色することでおしゃれなサインにしていただきました。
従来のフェンスと違った雰囲気が出ていて、周囲にもとても調和しています。
ひし形金網の新たな可能性を感じさせる使用例となりました。
新風館の情報は
→(新風館)
でもご覧いただけます。

クリックで拡大写真

[ 2020年 ] 恐竜たち展にNitfenceが使用されました

2020.12.11〜30まで新宿住友ビル三角広場で開催されている初のDINO-A-LIVEの展覧会、「ディノアライブの恐竜たち展」で会場を囲う柵にNitfenceをご使用いただきました。
DINO-A-LIVE(ディノアライブ)とは、株式会社ON-ART(オンアート)さまが開発した、恐竜型メカニカルスーツ「DINO TECHNE(ディノテクニ/現在14ヶ国で特許取得)」と独自の演出手法によって、あたかも恐竜が生きて実在するような世界観を体験できるライブショーです。
Nitfenceのインダストリアル(今回はシルバーに塗装いただいております)で表裏のないすっきりとした外観が、会場の恐竜たちの迫力ある雰囲気にとてもマッチしています。
また、Nitfenceは、簡単に組立て、取り外しができ、コンパクトに収納でき、もちろん繰り返し使用できますので、期間限定のイベント会場で大いに力を発揮するという使用例となっています。

クリックで拡大写真

[ 2020年 ] amiMono収納ラック発売

amiMonoブランドから収納ラックが発売になりました!
「ホコリがたまりにくい」「荷物の形状を問わない」「荷物が下につかないので清潔」「丸洗いできる」などこれまでの収納ラックとは違ったものとなっています。
オフィスやカフェ、飲食店など、様々なシーンでご好評いただいています。
お問い合わせは弊社の他、こちらのサイトでも購入が可能です。
https://machicoco.jp/collections/other-interior/products/amimono

amiMono 収納ラック(PDF)

クリックで拡大写真

[ 2020年 ] ヴィンテージスタイルメッシュ 錆古変色 販売開始しました

リゲッタカヌーさまでもご使用いただいております、めっき処理をしていない、表情の変化が楽しめる錆びる金網「錆古変色」が販売開始となりました。
表情が変化するインテリア素材。
徐々に錆びてくる特徴があり、時間とともに変化を楽しめます。
簡単に壁面や天井にも取付可能で、いろんなものを掛けることもできるので、自分だけの空間を演出でき、機能的でもあります*:.。

詳細、ご購入は以下からお願いします。
https://pallethouse.handcrafted.jp/items/34537538

クリックで拡大写真

[ 2020年 ] リゲッタ 生野本店様 店内ディスプレイ

これまでにない、メッキや被覆、焼付などのない生地の金網。少しずつ表情が変わっていく変化を楽しめます。この金網は長い年月をかけて土に帰ります。SDGs項目の一つ「持続可能な生産消費形態」に合致する、地球にやさしい金網となっています。
リゲッタ様の店内のデザインやディスプレイとして初めてご採用いただきました。
木材の雰囲気と生地金網(錆美=サビ)がよくマッチしています。

クリックで拡大写真

[ 2020年 ] 徳島県庁×「つな木」 打合せブース

徳島県「木づかい運動」と日建設計様開発の「つな木」のコラボレーションとしまして、誰でも簡単に組み立てることができる木質ユニット「つな木」が、2020年6月に全国で初めて徳島県庁様オフィス内に設置されました。
この「つな木」納入品の中の打合せブースに弊社の菱形金網を利用していただいております。
今後の「つな木」の発展をお祈りしております。
◎発注・施工: 徳島県木材協同組合連合会、徳島県庁スマート林業課プロジェクト推進室
◎設計: 日建設計 | Nikken Wood Lab / 大庭拓也+大和田卓

徳島県「木づかい運動」とは
徳島県では、木材活用を通じて森林の恩恵を未来へ継承するため、木に触れ、木を知り、木を使い、木の良さを伝える「県民総ぐるみの木づかい運動」を推進されております。
「つな木」とは
小径の材木で簡単に組み立て・解体・移設できる木質ユニットです。日建設計の木質・木造の開発研究を行うチームNikken Wood Lab様(以下、Wood Lab)が、日本の森林保全に欠かせない木材活用の促進を目的に開発されました。
「つな木」は、用途や環境の変化に対応できるフレキシブルなもので、今回のようなオフィス活用の他、コロナ対策として医療現場で一時的に診察ブースや病室を増設するための医療簡易ユニット、在宅勤務用の個室ブースや自宅内隔離ブースなど、さまざまな用途への活用が期待されています。
打合せブース(撮影:日建設計)

クリックで拡大写真

[ 2019年 ] グローバルワーク様 links梅田店 天井

2019年11月にオープンしたlinks梅田4F グローバルワーク様の店内天井は様々な素材や加工技術を用いた今までにないデザインになっています。その中の一つに共和鋼業の極細目菱形金網が採用されました。
金網は、線径2.0mm網目10mm(白色被覆線)を用いており、垂らすように取り付けることで他の素材にはない立体感や柔軟性、伸縮性といった菱形金網のもつ特長が活かされています。また、そこに照明が当たることで柔らかく浮き出たようなシルエットになっています。
グローバルワーク様 links梅田店 天井

クリックで拡大写真

[ 2019年 ] 建築材料・住宅設備総合展 KENTEN 2019 (1)

ひし形金網を5種類出展しました。

■Jumbo Net φ10×100mm目(線材 心線アルミ ビニル被覆)
昨年に引き続き展示しました。今年はゴールド×シルバーのオリンピックカラーを展示しました。
その他いろいろなカラーバリエーションがあります。
心線がアルミになっており、見た目より軽く、手でも曲げられる柔らかさの意外性が特徴です。

■Jumbo Net φ1×20mm目(線材 ステンレス)
今回初めて線径1mmの金網を製作しました。壁面、天井に使用しました。
見た目に柔らかな感覚と、重量が軽いのが特徴です。
この他、網目15mm目も製作可能です。インテリア材の新しい素材としての展開が可能です。

■Jumbo Net φ3.2×20mm目(線材 ポリエチレン被覆鉄線)
色はブラックを使用しましたので透過性がよく向こう側がよく見える効果があります。
通常φ3.2mmは心線2.3mmですが、1.6mmと細くすることで軽量化を図っています。

■Nitfence φ3.2×50mm×125mm目(線材 ポリエチレン被覆鉄線)
Nitfenceの金網部分を壁面材として使用しました。縦長の網目が新しい見え方となります。

■Nitfence φ2.0×15mm目(線材 塩化ビニル被覆鉄線)
近畿大学様でご採用いただきました金網2重張りを壁面として使用しました。
2重にすることで立体感が生まれ、意匠性が高まります。また、見る角度により金網の表情が変わります。
Jumbo Net φ10×100mm目

クリックで拡大写真

[ 2019年 ] 建築材料・住宅設備総合展 KENTEN 2019 (2)

昨年に引き続きチェアやスツールにひし形金網を使用し、新たな提案をしています。
見た目と座り心地のギャップが好評でした。ずっと座っていたくなる座り心地です。
いずれも製品化に向けてブラッシュアップ中です。
金網は全てφ2.0×10mm目(ビニル被覆鉄線)を使用しています。

■メッシュチェア typeA
ハンモックのような座り心地が体感できます。

■メッシュチェア typeB
金網を輪っか状にして、背座それぞれにセットしています。
適度な張りとクッション性が特徴です。

■メッシュスツール スクエア
金網をシンプルなアルミフレームに取り付けました。
下の段にはバッグなどを置くことができます。

■スツール サークル
金網を円形のフレームに巻いたスツールです。大中小でスタッキングできます。
昨年出展したもののブラッシュアップ版です。
メッシュチェア typeA

クリックで拡大写真

[ 2019年 ] Nitfence

意匠性が高く評価され、使用実績が増えてきています。
金網の色が自在に組み合わせることができます。
2019年グッドデザイン賞を受賞しました。

クリックで拡大写真

[ 2019年 ] 近畿大学様新校舎天井

金網を天井にご使用いただきました。線径1.6mmの特注の被覆線を使用し、網目は15mm目となっています。
写真ではわかりにくいですが、濃いグレー、淡いグレー、白の3枚重ねになっていて、照明が当たることにより金網がより柔らかく見えます。
近畿大学様新校舎天井

クリックで拡大写真

[ 2018年 ] スツール (金網のチャレンジ!)

2018年6月に開催された建展/KENTEN(建築材料・住宅設備総合展)に弊社がチーム東大阪の一員として出品参加しました。
■スツール(金網のチャレンジ!)■
金網はフェンスや落石防止など屋外に使われている場合が多いですが、家具に使ってインテリア素材としての可能性にチャレンジしました。
金網の持つ特徴を活かして、スタッキングによって重なるときの網目の変化や照明器具としての可能性をカタチにしました。
◇本体(金網)/日本化線株式会社+共和鋼業株式会社
◇座面(木)/株式会社西尾木材工業所
スツール 10mm目金網

クリックで拡大写真

[ 2018年 ] ベンチ (家具にチャレンジ!)

2018年6月に開催された建展/KENTEN(建築材料・住宅設備総合展)に弊社がチーム東大阪の一員として出品参加しました。
■ベンチ(家具にチャレンジ!)■
金網はフェンスに多く使いますが、皮膜鉄線を編んでいるため、ある程度のクッション性があります。
「クッション性と皮膜の柔らかさを家具に活かせないか」という発想でベンチにチャレンジしました。
フレームは手すり「アルホージョ」を組み合わせ、座面と背もたれに金網を使用しました。
今後も可能性を追求していきます。
◇フレーム(アルホージョ(アルミ補助手すり))/安田株式会社
◇座面・背もたれ(金網)/日本化線株式会社+共和鋼業株式会社
ベンチ 10mm目金網

クリックで拡大写真

[ 2018年 ] ホームシェルター (突然の地震にも安心!)

2018年6月に開催された建展/KENTEN(建築材料・住宅設備総合展)に弊社がチーム東大阪の一員として出品参加しました。
■ホームシェルター(突然の地震にも安心!)■
地震による家具の転倒や落下物から身を守るためには普段からの備えが必要です。
耐震重量ラックの強度と施工のノウハウを活かした「ホームシェルター」は普段は子供部屋や書斎、趣味の部屋として利用し、いざという時に身を守ることができる安全空間です。防災用品や非常食の保管場所の確保にもなります。
◇本体/太陽製作所株式会社
◇床材・天井材/株式会社西尾木材工業所
◇金網/日本化線株式会社+共和鋼業株式会社
ホームシェルター 自遊自在金網

←前へ   [1] [2]    次へ→

広がる使用実績 Results